理事・サポーター3役

■創設理事

2014年、建物存続のため、ほとんど初めて出会ったこの5名で基金を出資。
存続への第一段階として、法人を設立し、取り壊しの危機を救った。
理事5名は、存続に共感しつつ、それぞれの専門によって目指す方向性が異なり、現在、それぞれの専門性の視点を背景にマネジメントを行っています。

●代表理事
村田正望 (Masami Murata, PhD) ・・・歴史・科学系

入居していた建物が、北海道の歴史上、とても重要な歴史的建造物だと知るも、取り壊しの危機に直面。最終的に理事5名で法人設立し、買取し、取り壊しの危機を回避。
耐震公共化を行えるようになるまで、暫定的に建屋に残留する。認知科学と歴史記録の観点から、歴史空間の「記憶を呼び覚ます効果」を重要視し、法人運営を行う。

室蘭出身、室蘭栄高校、東京理科大学、電気通信大学大学院修了、工学博士。
日本認知科学会会員。趣味は、水泳、料理創作、乱読等。

現在、北星株式会社 代表取締役。HEARTSHEART Labo代表、HOQSEI CANDLE MUSEUM代表。

 

●副代表理事
山田正樹 (Masaki Yamada) ・・・IT・文化系

旧三菱合資会社室蘭出張所取り壊しの危機に際して、facebookで呼びかけを行い、1夜にして700いいね!を集める。この行動が存続への多数のメッセージにつながる。
頻繁に室蘭に通いデータベースを作り公開。facebook、ブログ等を通して、東京から室蘭を発信している。その情報量は膨大。目の前に世界に通じる大切なことがたくさんある。保存活用を通してそれを若者に伝えたい。

室蘭出身、室蘭栄高校、苫小牧駒澤大学国際文化学部卒業。
現在、東京在住、IT系企業に勤務しながら室蘭を発信してきたが、2017年5月から室蘭にUターンし、商工会議所に。
趣味は、3歳からの箏・三味線。室蘭での新春の演奏は、15年以上続けている。
独自の室蘭ウォッチ、てつのまちブログ
むろらんてつのまち写真館てつのまち情報局(facebook)主催。
室蘭のいまを記録した写真集を3冊刊行している。

 

●理事
三木真由美 (Mayumi Miki) ・・・市民活動系

旧三菱合資会社室蘭出張所の危機にあたって、先頭切って出資すると存続への道筋をつけた。
人を支援することを喜びとし、感情から論理で考え行動する実践派。
子育てしながらも、人を支援するための多面的な活動をする。実は、優秀なエンジニア。

茨城県出身、茨城県立土浦一高、東北大学工学部材料物性学科卒業。
大手製造会社に、材料系技術者として勤務した。
現在、NPO法人室蘭NPO支援センター理事長NPO法人テツプロ理事、ミニマム店長他。

 

●理事
吉田みゆき (Miyuki Yoshida) ・・・観光・映画系

旧三菱合資会社室蘭出張所の存続を、共感的に賛同。全日空時代の経験から「観光目線」で歴史情緒の維持を考える。
坪川拓史監督・映画「モルエラニの霧の中」のコアメンバーとして、大杉漣、香川京子、大塚寧々、河合龍之介などの俳優が建屋で撮影することを推進し、実現した。

室蘭出身、室蘭栄高校、大阪の短大を経て、全日本空輸株式会社(全日空)へ入社。
ANAセールスを経て、現在、株式会社ルイール取締役。
NPO法人室蘭映画制作応援団副団長として、映画「モルエラニの霧の中」を支える。

 

●理事
故・西原羊一 (Youichi Nishihara) 2015年逝去 ・・・自然・文学系

旧三菱合資会社室蘭出張所の存続と活用に賛同し、文学的な観点から保存に取り組む。
北海道きのこ研究の第一人者として、また文学者として、自然生態系から歴史的建造物を保存活用することを推進。
映画「モルエラニの霧の中」“樹木医の章”に登場する樹木医のモデルであり、映画で登場する冬虫夏草は、すべて西原氏の採集品。
採集品は、国立科学博物館にも収納されている。2015年急逝。

室蘭出身、旧富士製鉄研究所を経て、旅客業経営。
北海道きのこの会創設メンバー。2015年まで室蘭文芸協会会長、室蘭きのこの会会長。
専門、冬虫夏草。


■サポーターズクラブ

サポーターの多くは、「専門、仕事」を持ちながら、建物・歴史・観光の知見を深め行動しています。
そういったポジティブなメンバーが交流する集まりがサポーターズクラブです。
2014年に理事が設立したサポーターズクラブを請け、2015年、3役を設け、本格的なサポーターズクラブ発足。現在、会員は北海道から京都まで、70会員(法人・個人)を越えています。
ご入会方法はこちらから。

●会長
高橋慎吾 (Shingo Takahashi)

むろらん100年の趣旨に賛同し参画。
外からの目線で、そして、住んで室蘭の良さを世界に発信したい。
そんな想いで、2015年室蘭に移住し、起業。サポーターズクラブを支える若きリーダー。

網走出身、小樽商科大学卒業。北海道観光マスター。
共生舎Study Lounge Muroran代表。
※高橋氏の主催するStudy Lounge Muroranは、むろらん100年のワークショップ等の会場になります。

 

●副会長
平賀由美 (Yumi Hiraga)

むろらん100年の趣旨に賛同し参画。故郷室蘭に歴史情緒を残したい想いで、サポート。
室蘭の街の移り変わりに詳しい。具体的な建屋補修のためさまざまな協力等を行う。

室蘭出身、美月代表。

 

●事務局長
関 浩勝 (Hirokatsu Seki)

むろらん100年の趣旨に賛同し参画。代表作「円形校舎に雪が舞う」で、全国にも貴重な円形校舎の絵鞆小学校を全国に発信。ドローンによる室蘭の写真、映像などで、室蘭から室蘭の魅力を世界に発信する。室蘭の夜景写真集「Jewelry City室蘭」は、ふるさと納税返礼品に。

室蘭出身、室蘭工業高校卒。精密機械系企業に勤務。
フリーランスフォトグラファーとして写真で数々の賞を受賞。facebookフォトジェニックシティ室蘭主催。
※muroran100関浩勝特設サイトはこちら

 


■専門サポーター

むろらん100年では、建物の位置づけを明確化する「歴史」、それを発信する「観光」へのつながりを大切に考えています。特に、むろらん100年の趣旨にご賛同いただき、ローカルな歴史、観光に具体的につながる方に専門サポーターとして参加していただいております。

歴史ナビゲーター(総合)
伏木 晃 (Akira Fushiki)

開港の碑前にて

むろらん100年の趣旨に賛同する、歴史研究家。
明治維新以降の室蘭の歴史を個人的に研究している。
添田家、角田家、井上角五郎など、室蘭の黎明期に詳しい。

室蘭出身、元日本製鋼所瑞泉閣館長、夜景観光ガイドの会会長、地方史研究会会員。

歴史ナビゲーター(森蘭航路)
前澤 佐土史 (Satoshi Maezawa)

森蘭航路就航記念街歩きにて、解説を行う前澤さん
森蘭航路就航記念日に

森蘭航路の歴史的意味に詳しく、非常に深い知識を持ち、コミュニティFMでも番組を持つほど。
2016年、明治以降の復活となった森蘭航路に関するむろらん100年サポーターズクラブの街歩きでは、森蘭航路復活の意義について熱く語られた。

室蘭出身、地方史研究会会員。


理事・サポーター3役に関する主な記事

 

村田正望
村田正望(Masami Murata)

 

山田正樹
山田正樹 (Masaki Yamada)

 

IMG_2865_1
三木真由美 (Mayumi Miki)

吉田みゆき
吉田みゆき (Miyuki Yoshida)

 

西原羊一
故・西原羊一 (Youichi Nishihara)

 

takahashisann
高橋慎吾 (Shingo Takahashi)

 

20150722
関浩勝 (Hirokatsu Seki)

 

※取材、講師は、フォームかメールにてご依頼ください。