絵鞆小ラボとは?

一社)むろらん100年建造物保存活用会有志による、旧絵鞆小2棟の円形校舎を存続するために活動している組織です。

現在、絵鞆小存続への全国署名をしています。
1万人を目指しています。
詳細はこちらをクリックください ⇒Change.org(第一段階は終了しました)

旧絵鞆小校舎は、2018年8月から10月まで公募されましたが、公募条件が理不尽な条件であったこともあり、応募者1名のみ。

室蘭市文化財審議会では、取り壊しが決まっても再考を促しております。(こちらの平成30年度議事録をご覧ください)。 公募以前の数年にわたる議事録はこちらです。いま、 市は2019.6月の議会で取り壊し予算を付ける可能性が高く、なんとか保存活用への 当ラボでも再考、存続への道筋をつけたいと考えています。


これまでの経緯は、以下の新聞をご覧ください。

平成30年度議事録

これまでの室蘭市文化財審議会議事録 ダウンロードできます。
全会一致で、保存への意見がしっかり出ていますが、無視されています。
読んでいただけるとわかりますが、この内容を軽視する市の姿勢に驚きます。
ぜひご一読ください。
H27議事録資料 H28議事録資料 H29 議事録資料


室蘭民報 2019.8.31

室蘭民報 2019.8.31

室蘭民報夕刊 2019.9.2
2019.9.5 北海道新聞朝刊

室蘭民報夕刊 2019.8.5
北海道新聞 2019.8.14
室蘭民報 2018.12.12
2018.12.13 朝日新聞
2018.10.30 北海道新聞
2018.7 北海道中ひざくりげ・安田顕さん(むろらんふるさと大使)

これまでの経緯がわかります。クリックしてください。↓↓↓

一発でわかるこれまでの経緯

コメントは受け付けていません。

  • 想い出、保存活用へのご意見などお寄せください。

    ※名前、メールアドレス、住所以外は、意見として公開し使用させていただきますので、ご了承の上、お書き込みください。特に、匿名にしなくてもいいかたは、本名大丈夫ですとコメント欄にお書き込みいただけるとありがたいです。